S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
展示会報告・FINAL!
2008-12-16 Tue 23:34
 
展示会報告・第7回目、いよいよファイナルです!
 
突然ですが、マウスがイカレてきました。
フツーにワンクリックすると、
たまに(いや、結構な確立で)ダブルクリックになりやがりますw
 
でも、きょうもボクちゃんがむばるよ!
 
 
では、先日に引き続き「WildRiver荒川さん」の作品をご紹介致します。
 
おおとりにふさわしい作品はワタシの中ではやっぱりコレです。
 
 
 
 
1216a.jpg
1216b.jpg
MG誌の巻頭特集「ザ・リアルクメン」でジャングルマイスター頂上決戦と称して、
コンビユニット「WILD!」の荒木智さんとの競作で発表された、
‘BlackRain’「唯音雨滴」です。
 
ああ、、写真の撮り方が下手ですみません・・。
 
こちらの作品は「これ以上の物を作れない、ってやつを・・・」という
オーダーで製作されたものです。
 
作品のポイントは、「ジャングル=ヤシの木」という固定概念を崩すために
ヤシの木を使用せずに「本当のジャングル」を再現したこと。
そして、「降っている雨」の再現。
 
本当のジャングルっていうのは、上からみると緑で青々しているけど
一歩踏み入れるとその世界は予想以上に暗いんだよ、というメッセージ。
そして、地面までは光が届かないから足元には蘚苔やコケ類が多い、
というリアルが盛り込まれています。
 
間近で見てると湿度、空気、臭いまでもが伝わってきそうな感じがします。
 
 
低い視点から。
1216c.jpg
1216d.jpg
1216e.jpg
1216f.jpg
 
 
 
そして、敵視点。
1216g.jpg
1216h.jpg
↑この臨場感!
「マズイ!奴らがここまで来やがった!」
って感じがしませんか?
 
 
こうやって、
「1/20の人間になったつもりで見る」のではなく、
「知らない間に、1/20の人間にされてしまっている」という錯覚を起こし、
まんまと作品の世界に引きずり込まれてしまっているのです。
 
これが荒川さんの「円形劇場」の真骨頂です。
 
 
 
光沢で塗装されて濡れている表現がされた「スコープドッグ」とダイバー達。
そして・・・
1216i.jpg
↑水面に落ちる無数の雨滴を、丸い波紋を表現することによって
「雨が降っている」状態を演出しているのです!
これには「まいったなあ、、、やられたあ~・・・」と驚愕を通り越して凹みましたw
 
この他にも、朽ち果てて横たわっている大木の影に「雨宿り」している
蝶が数匹居たりして、完全にステージの天気はどこから見ても「雨」なのです。
 
 
 
1216j.jpg
こんなボリュームのある、そしてリアルな樹木の再現はなかなか出来る
もんじゃありゃーせん。
 
これは実際の「ローズマリー」を使用しているからなんです。
枝ぶり、幹の模様が縮小された模型の世界では、リアルな「樹木」に
最も適している、とご本人は仰ってました。
わざわざそのためにガーデニングしているくらい、、、すげえ。
 
これは「これ以上の・・・」いうオーダーのために、
12年物(!)のローズマリーをバチン!とやったそうです。
「ローズ&マリー」さん、ご愁傷様です、、、、。
 
 
1216k.jpg

↑この作品をわずかながら「読めた!」と思った瞬間。
 
鮮やかな緑の葉のあたりの水面上を指差して、「ここに立ちたい」と
荒川さんに言ったら、「そこが1番の特等席なんだよ」って仰ってました。
 
荒川さんの円形劇場作品は、外からではなく「中から見渡す」のが
普通のジオラマと大きく異なるところなのです。
ゆえに、「入り込んで見入ってしまう」仕掛けの真髄が「円形劇場」と言えるわけです。
 
いやはや、、、ホントに凄いっす・・。
 
 
で、その特等席からの景色・・・
1216l.jpg
1216m.jpg
1216n.jpg
背景と照明が悪いので、ちょっとこの臨場感は伝わりにくい
かもしれませんが、まさにジャングルの中から木々を見上げている
気分にさせてくれるのは間違いない事実でした。
 
 
1216o.jpg
特に意味はありませんが、最後は上からワンショット。
 
 
 
さあ、、、、
いかがだったでしょうか・・?
 
荒川さんの作品も勿論凄かったのですが、会員のみなさんや
豪華ゲストの皆様の作品もどれも非常に素晴らしい展示会でした。
 
今回はワタシにとっては色んな栄養分を補給させて頂いたような気がします。
当日作品を見ていたときは、それはもう圧倒されるばかりで
どう受け止めたらいいか、なんだかパニックしそうでしたw
 
しかし、今なんとなくそこで見てきたもの・お話したことを
うまく消化しつつ自分の中に入ってきている実感はあります。
 
 
このような機会や出会いは、楽しむだけでももちろん結構なのですが、
次のステップへ自分なりに生かしていかないと損です。
 
次回の照準はMG誌の「Ma.kミスコン」です。
1月末締め切りなので、現在色々と構想を練りつつ
作業も並行して進めている最中です。
 
次回からはその進行状況などの「通常営業」(笑)に戻ります。
 
 
それでは、これにて今年の「トライアングル模型展示会報告」を
終わらせていただきます。
最後までご覧くださいました訪問者様、ありがとうございました。
 
 
いつもありがとうございますヽ(゚ω゚*[Thank You!!]*゚ω゚)ノ 
banner2.gif←ポチッとぷりーず!アナタの黄金の右指で!

 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<もっと来い! | S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 | 展示会報告(*`・ω・´)ノ Vol.6>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 |
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。