S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
粉プレイ
2008-10-03 Fri 21:47
 
ピグメント(粉顔料)と格闘しております。
08103a.jpg
やっぱりパステルを粉にしたものとは違います。
 
派手な泥汚れとかならどちらも大差無いと思うのですが、
「溶かしつつ、馴染ませるように」、となると
断然MIGピグメントが上回ります。
 
 
微妙な作業のコントロールがしやすいです。
08103b.jpg
専用シンナーはエナメルなので、失敗してもやり直しが利くのもいいです。
その代わり擦ったりすると、すぐに剥げてしまいますが
それもコントロールのしやすさだったりします。
 
 
肩関節のメカ部。
08103c.jpg
ギア状になっている部分の埃汚れ。
 
よくショベルカーなどの機構部分に付着している、
「埃&油」の黒っぽい汚れ。わかるかな・・・?
アレがやりたかったんです。
 
一応、それっぽくなったかな・・?と、ほぼ満足しております。
 
 
今日もまともな製作記。
 
「24」観ながら、今夜も頑張るぜ。
 
 
え?、、、今日は朝5時までやってるの?
 
むーー。
 

別窓 | ザブンぐる? | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<迫る | S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 | 悩む>>
この記事のコメント
#323
ひょっとして、初公開画像でしょうか、こんばんわ。

ボツボツがさがさした感じが顔料特有なのでしょうか。
一方で、さび汚れとは対照的な金属的なつやも気になります。

模型って総合表現ですねえ。
顔料にメディウム、
たとえばクリアとか、フラットベースとかを混ぜて使わないんでしょうか?

MIG顔料とかぜんぜん知らないもので
2008-10-03 Fri 22:37 | URL | mach0.9 #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
#324
これからちょっとづつですが、部分的に公開していこうと
思っておりますよこむまむみ。
 
金属的になっている部分は、鉛筆の粉を擦りつけました。
仰る通り、総合表現全開バリバリです。
 
シミみたいにするか、粉っぽくするかは
塗り方次第ですね。
溶剤を塗った上からふりかけるように置いていくと、
ガサガサになるし、
モデルに直接粉を置いて、溶剤を含ませた筆で
溶かしながら叩くようにしてやるとシミのようになります。
 
添加剤としては、グロスorマットメディウムを使用するのが良いみたいです。
東部戦線のようなドロドロを再現するなら、
グロスメディウムに混ぜて足回りに塗りたくると
濡れた感じのまんま乾燥します。
 
色を上手く選択してやると、表面は乾いてるけど、
中はまだ湿ってるような泥も再現できます。
この場合はメディウム無しでいけます。
 
絶対無きゃいけないもの、ってわけでもないとは思いますが、
コツをつかんで慣れてくると、「ほほう。これは・・・」と
新たな武器を入手した気分にはなりました。
 

2008-10-03 Fri 23:40 | URL | S.Rod #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 |
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。