S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
一日も早く。
2008-09-13 Sat 00:06
 
3月頃、元上司の大先輩が会社の階段から落ちて怪我をしました。
 
どのように落ちたのかは誰も目撃者がいなかったので、
ハッキリしたことは不明なのですが、転倒したときは
意識はしっかりしているものの体が全く動かない状態でした。
 
別にどこからか流血しているわけでもなく、一見「大怪我」には見えない。
徐々に腕だけは動くようになったものの、下半身は力が入らない模様。
誰も触れることもできず、そのまま救急車で運ばれ入院されました。
 
現在、一応退院はされましたがリハビリセンターで回復を待っている状態なのです。
未だに手すりなどにつかまらないと立てないそうです。
 

私がこの会社に入社した時はその方だけは私の入社を反対していたそうです。
その時は工場長でした。その後は製造副部長になり定年を迎え、現在は
嘱託として腕を揮っておられました。
 
入社時からずーーーっと私の直属の上司で、いつしか私はその方の
「一番弟子」として周りに浸透していったのです。
それもそのはず、社内でも「変わりダネ」的な特殊な仕事は
私共のところに流れてきて、「普通」の技術だけじゃこなせない仕事を
あたかも「楽しそう」にやってのける、、、なぜなら共通趣味が「模型」だったから。
 
 
機械を動かすより、「手による感覚」、「センス」など人に教えるのが
最も困難な作業を私も得意(好き)としていたため、常にその方のそばで
仕事することが多かったのです。
 
仕上げ・印刷・塗装など、、数字や方法だけ伝えても習得できない技術。
こなした後の達成感に魅了されてやまない人間だけが得られる技術。
好きじゃないと身に付かない技術。
 
模型と一緒です。
もちろん共通の話題は模型。
だから、仕事においてもお互いに何を考えて、悩んで、どの手段を選択するかも
ほとんど手に取るようにわかるのです。
 
その方は「車・バイク」、「飛行機」を好んで製作していました。
私と同じく「なかなか完成しない病」に侵されていましたが(笑)
まあ、、1/24の車のスポークホイールを金属線で作り変えたりしてますからね・・。
しかも、ホイールもセンターハブも自作して、ニップルまで再現してたもんなあ。
 
飛行機も今ではなかなか目にしないであろう、木で作られた「ソリッドモデル」の
完成品も見せてもらったことがあります。
スゴイですよ。全部「木」。もちろん手作り。
エンジンのカウルも朴の木を削って、くり貫いて木とは思えない薄さ・・。
塗装は昔は乾燥の遅い「パクトラ・タミヤ」や「ハンブロール」があったので、
すべてハケ塗り。まさに模型の原点ですね。
 
毎日、必ずといっていいほど何かしら模型の話はしました。
ちょっと前に飛行機模型の専門誌「スケールアビエーション」に載っていた、
全身「メタル貼り」の爆撃機(だったかな?)を見て、「すごいねー」を
2人で連発していました。
その後はそれについての「方法」の議論。あーじゃない、いやそれは違う、と。
そーゆー、しょーもない事でたまに険悪な雰囲気になります(笑)
 
お互い人間ですから腹の立つこともしょっちゅうありました。
その方も、頑固でワガママさでは社内ダントツNO.1ですよ。
ちょっとしたことで機嫌損ねる、メンドクサイじいさんです。
 
しかし、
休職してから半年、憎たらしい爺さんも居なくなると寂しいモンです。
模型の話相手はその方しかいなしなあ。早く帰ってこいよ、爺さん。
 
私の作業机に対面してその方の机があります。
帰る時は毎日その周りの床だけでも掃除して帰るようにしてます。
加えて、超ーーーー几帳面なんで汚くしてるとまた機嫌悪くなるからなー。
 
Dscn0524.jpg
ちょっと古いスケビと明日発売の最新号を買ってお見舞いに行ってきます。
 
ホントはプラモでも持っていきたいところなのですが、そこまで
手は動かないらしい、、、です・・・・。
70近い爺さんがフェアレディZ乗ってるんですよ。その前はイエローのZ。
その前はスープラ。その前はセリカXX。ねー?気が若いでしょ?
 
もちろん愛車のZは宝物。
娘婿に「週に一度はエンジンかけとけ」って最初は言っていたそうなのですが、
最近は「もう、、車は売る」って。こらー、あきらめるなー。
 
せめて、
せめて、模型をイジれるくらいには回復してくれよ。
たまには弟子の言う事も聞いてくれ。
 

別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<物申す。 | S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 | わー、ピカピカしてゆー。>>
この記事のコメント
#290
回復を諦めそうになったら、トラの例会に来てもらいましょう。
模型を囲む、変な話で一休みしたら、別の道も見えるかもしれません。
過去に戻れなくても、回復ってあるんじゃないかな、と
大怪我をしたことがないわたしが言ってみるテスト。
2008-09-13 Sat 02:02 | URL | Mach0.9 #SFo5/nok[ 内容変更] | top↑
#291
こむばむわ。
実はトラの存在を教えてくれたのもその方なのです。
湘南台に模型サークルがあるらしいよ、って。
 
ホントは初日の顔出しの時にその方も来る予定だったのですが、、、
イマイチ一歩踏み出すことが出来なかったようですね、いま思えば・・・。
難しい性格なもんで、、、。
 
でも、自作したスポークホイールを履いた
ベンツ300SLRがもうすぐ完成しそうなので、
それが完成したらお邪魔してみようかな・・・と
言っておられたのです。
なので、とても残念なのです。

半年経っても歩くことすらままならず、
寝ていてもやっと上半身を持ち上げるので精一杯。
手もなんとかやっと動かせる・・・という感じ。
 
大好きな車も乗れず、模型も作れず・・・。
私だったら耐えられませんね。
趣味が似ているのでその苦しみが余計に分かりやすくてツライところです。
 
せめて杖をついてでも歩けるようになってもらえば、是非とも今度こそは例会に来てもらいたいですね。
2008-09-13 Sat 02:39 | URL | S.Rod #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 |
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。