S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ラストエグザイル展
2012-12-27 Thu 23:03
 
もうこの年の瀬にイベントに行く機会もなかろうと思っていたのですが、
 
行ってきました「小林誠・ラストエグザイル展」。


例に漏れず私もいわゆるファースト世代ど真ん中の人間なのですが、

ストリームベースの川口さん、小田さん、高橋さんに強く影響を受けていた一方、
 
小林誠さん、横山宏さんが生み出すSFにさらなるリアルと直感的な何かに惹かれ、
 
30年間ずーーーーっとファンであり続けてまいりました。
 
 
今でこそ、模型誌でもライター様のお顔を拝見できたり
 
各種展示会やネットでコミュニケーションとれたりと身近に接することも
 
可能になってまいりましたが、当時はホビージャパンしかありませんでしたのでw
 
HJがワンコイン価格で買えたあの時代、
 
これといった展示会も存在せず、
 
モデラー同士のコミュニケーションの場といったら近所の模型屋しかありませんでした。
 
 
まーったく情報が無いので小林誠ってどんな人?横山宏ってホントにいるの?みたいな。
 
なので、模型誌で作例やってる人って当時の僕(達)からすれば
 
神様みたいな存在だったんですね。
 
 
その神様にとうとうお会いする日が来たとなれば、
 
そりゃもう緊張するのも無理ないでしょう?
 
 
最近やっとツイッターでお相手してくださるようになり、
 
返信が来ただけでも脇汗グッショリなのに
 
実際にお会いしたら卒倒してしまうんではないかとそればかり気にしておりました。
 
 
「ラストエグザイル―銀翼のファム」ヴァンシップ&ヴェスパのキット発売だけでも
 
小躍りして喜んでいたのにそれを記念しての原画と模型の展示、そしてサイン会。
 
途中FuMaちゃんに会いに駅から戻ったり、モデリズム小林さんと幾度となくニアミス
 
したにも関わらず結局お会い出来なかったりしながらも、
 
1/20オリジナルヴァンシップの作りかけを片手にいざ行ってまいりました。
 
 
RIMG1786.jpg
RIMG1787.jpg
RIMG1789.jpg
RIMG1791.jpg
RIMG1792.jpg
RIMG1793.jpg
RIMG1794.jpg
RIMG1795.jpg
RIMG1796.jpg
RIMG1798.jpg
RIMG1799.jpg
RIMG1802.jpg
RIMG1803.jpg
RIMG1805.jpg
RIMG1806.jpg
RIMG1807.jpg
RIMG1808.jpg
RIMG1809.jpg
RIMG1812.jpg
RIMG1813.jpg
RIMG1814.jpg
RIMG1815.jpg
RIMG1816.jpg
RIMG1817.jpg
RIMG1819.jpg
RIMG1820.jpg
 
ただただ圧倒されました。。。
 
一般的な、模型が上手い下手とかというレベルじゃなくて、
 
もちろん多彩な技術ありきでのことなのですが、
 
それぞれのパーツや色に意味と理由と破綻のないリズムがあって、
 
繊細な部分とダイナミックな箇所の調和、存在感が
 
不思議な説得力となってズバーン!と迫ってくる感じと申しましょうか・・・
 
 
膨大な原画もただ立ちすくむように見ておりました。
 
メカだけじゃなく、
 
建物や風景やちょっとした小物まで、
 
頭では分かっていたつもりだったけど、ただ事じゃないなこれは、と。
 
 
スチームパンクわーい♪とか言っていた自分が少々恥ずかしくなりました。

RIMG1821.jpg
 
でも帰宅してから早速箱絵に書いていただいたサインを額縁に入れてわーい♪とかww
 

RIMG1822.jpg
 
そして最大のミッション。
 
会場に入って小林センセの姿を見た瞬間に全身から汗が噴き出したくらい緊張してたのに、
 
まさか自分の作りかけにアドバイスして頂ける日が来ようとは。
 
「このモーガンの、、、」
 
うっわ、、ベースキットを一瞬で見抜かれました。
 
本体はモーガン・スリーホイラーという3輪の車のボディを使用していたのです。
 
 
「インパネはモーガンのを使うの?」
 
いやぁ~、、たぶん使わないと思います、、、
 
「だったらね、、、サラサラサラ、、、」
 
おおおお、、、(いちいち感動)
 
「マセラッティ・バードケージみたいなね、知ってる?」
 
あ、はい、あの白いやつですよね?
 
「そうそう。あんな感じでインパネは手前に配置して、
メーター類の裏側が見えてコードなんかがこう、、、」
 
(おおおお、、俺が得意とするディテールキター!)
 
「で、ボディがこれだけふっくらしているのには理由があるわけだから
リブをこんな感じで内側に追加するといいかもね」
 
コックピット開口部周囲にゴムパッドみたいなディテールは、、、
 
「あ、これだけ開口部が広いんだからやらないほうがいいね。
その方がスッキリするし、あれは狭い場合首や手を切ったりしない
ためのものだから」
 
おお、、なるほど、、わかりました!
あと、主翼をどうするかでちょっと悩んでまして、、、
 
「あんまりゴチャゴチャさせないほうがいいかもね。ディーオのヴァンシップの
元になったやつがあるでしょ?あんな感じがいい。あれも元は車だし、
基部あたりに少しステアする感じのディテールがあるような雰囲気で」
 
「塗装もあんな感じとかこんな感じとか、、、」
 
ありがとうございます!ありがとうございます!
 
と、
こちらが質問した答え以上に色々とアドバイスしてくださいました。
 
逆に私が後ろに並んでいる方を気にしてしまうくらいに^^;
 
いや、本当に有難うございました!

RIMG1823.jpg
 
で、最後に
 
「これじゃキツイっす」
 
と、グリル開口穴の追加を命じられましたww
 
ここは自分でも足りないかも、、、と思っていたところだけに
 
機能と見栄えを見逃さない的確なアドバイスに感服いたしました。
 
 
デザインとは、模型とは、
 
などという難しい理論は頭の悪い私にはよくわかりませんが、
 
何かを感じることは出来たと思います。
 
その感じたことを文章に置き換えるのも頭の悪さゆえ出来ないのですが、
 
これからのモノ作りに反映出来るよう頑張っていきたいと思っております。
 
 
来年、どんな作品を生み出すことができるのか自分でも楽しみです。
 
年内のブログ更新はおそらくこれで最後かと思われます。
 
今年も当ブログにお越し頂き、誠に有難うございました。
 
 
来年も皆様にとって良い年でありますように。
 
 
いつもありがとうございますヽ(゜ω゜*[Thank You!!]*゜ω゜)ノ
 
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:4 | top↑
わいるどな忘年会
2012-12-06 Thu 00:03
ご無沙汰しております。
 
ちょっと日記など書かせていただきます。



先週の金曜の夜、

エポパテの乾燥待ちのつもりで休んでたら寝オチしちゃいまして、

で、土曜の朝5時に目が覚めたんですね。


おーし、パテも乾いてるし時間もたっぷりあるしバリバリ模型しちゃうぞ♪

なんて、ニコニコと「めざまし土曜日」なんか観ながら朝飯食って、

少し経った8時頃ケータイにメール。


こんな早くにメール?スパムかな?



わーいーるー、、、荒川さんだ!


す、スパムってことにしとこーかな、、(´-∀-)


うそうそw!((;´∀` ;)) ジョーダンですw!


「ダイレクトメール(Twitter)送ったのになんで返信しないんだ!ゴルァ!!」

マジすか、、、朝からフルテンションでブチ切れてるじゃないですか、、、



私のケータイの設定がうまくいってないのか、

ツイートやDMが入ってきても音鳴らないんですよ。

どうやら皆さんのはピコンピコン鳴っているらしいのは

何となく気付いていたんですが、

まあ、それはそれでウザイのでこのままでいいやーと。

よりにもよってこんな肝心な時に裏目に出るとは、、、



ああう、、返信遅くなってすみません。で、ご用件は何でございましょうか?


「今日、わいるどな忘年会やるから作品持参で来い!」

はい?(゚Д゚*)

「作品は必ず持って来い。じゃないとコロス!詳しい場所は後ほど知らせる。」

へ? (゜ω゜?) 


えーっと、

わいるどな忘年会って、

参加されてるメンバーが凄い方々ばかりじゃなかったっけ?

チラッと記憶してる数人だけでも雑誌等でお名前しか知らないような、、、、



本日のお花畑をスキップするようなウキウキ引きこもりスケジュールが

一瞬にして500m級バンジージャンプの飛び込み台に立たされたような状況に(:.;゚;Д;゚;.:)



チャンスかな?!ピンチかな?!

楽しいのかな?!イジメられるのかな?!

というか、なんで俺?!


と、、とりあえず作品の準備だ。

冬季迷彩したナッツロッカー。

もう仕方ない、これ持っていこう。


ちょっと塗りの甘いところを直そうかな。。。

えーっと、どこ直すかな、、あれ?

結構全体的にやらないとおかしな事になっちゃいそうだな。


うーん。

うーん。


グヒョ!悩んでたらもうお昼!
 

緊張と不安のせいか全然腹減ってないけど

とりあえず何か食わなきゃ。

赤いきつね。

もういいやコレで。



・・・1/3残した。


ダメだ、、、胃がおかしくなってる、、、。


結局作品はそのまんまの状態で梱包。

あ、ヒゲ整えなきゃ。

服もちょっと落ち着いた感じのを選んで、、、ん?


場所等の連絡がまだ来ないなあ。。。

あ!まさか!



あのぅ、、連絡をお待ちしているのですが、
もしかしたらURLを貼り付けてメールされましたでしょうか?

URL付きだとセキュリティでハジかれちゃうんです。
もし、そうだとしたらURL無しで再度メール頂けますでしょうか?
お手数おかけして申し訳ございません。



「もうっ!!!」


ヤッベぇ、、、また怒らせちゃった、、、、(-ω-;)



行きたくないよー

行きたくないよー

絶対コロされるよー



無事に生きて帰れますように、と仏壇に手を合わせて出発。



場所は原宿、

街ゆく人はみんなお洒落で女の子もかわいいなーウヘヘ。


うん、、多少は自分を保っているようだw


会場に着きまして、

なんとなく顔見知りの方に

なんとなく会釈なんかしちゃったりして

心の中では

違うんです、荒川さんが来いって言うから来たんです、

決して自分なんかが来るような場じゃないことは重々承知しております、

なんかごめんなさい、

よくわかんないけど許してください。


そう壁に向かってブツブツ言っておりましたら、


まあなんと申しましょうか、

フツーとはオーラが違う

いわゆる成し得た方々が知らない間に増えておりまして、

もう明らかにオレこの場にふさわしくない。



クイズ : 「この中に一人だけ仲間外れがいます。さて誰でしょう?」


小学1年生レベルの間違い探しかっつーくらいの。


始まる前に中央のテーブルに作品並べてくださいとのことで、

ゴソゴソとやってましたら

次から次へと

アレは確かモデグラで、、、

とか

アレって確かなんたらって大会で優勝した作品、、、

とか

ソレが載った模型誌、今でも大事にとってあります的な作品まで。



オー
レー
のー
はー



イエス!THE無印!!


もうやめて。

助けてください。

こんなプレイ、あんまりだ。

少しばかりですが、画像を。。。

 
RIMG1730.jpg
RIMG1741.jpg
RIMG1738.jpg
RIMG1732.jpg
RIMG1742.jpg
RIMG1753.jpg
RIMG1750.jpg
RIMG1748.jpg
RIMG1745.jpg
RIMG1754.jpg
RIMG1756.jpg
RIMG1761.jpg
RIMG1758.jpg
RIMG1763.jpg


で、震えながら壁際に並べられた椅子に女の子座りしてたら

n兄さん登場!

ああ、、一番お付き合いが長い方が現れましたよ!

40名以上の中で一番お顔を知っているのが兄さんってのがそもそもおかしいw

ハタさんやお仲間の方々もいらっしゃいますね。


そのあとはまあなんとか少しは緊張がほぐれて

KISHIさんや清水圭さんやNPGさんやえでぃさん、岩井秀さんともお話できました。

ああ、良かった。

楽しいな、、、うん、大丈夫だ。


び、ビール飲むかな、、うん旨い。

オードブルはー、、ぺ、ペペロンチーノ食べよかな、、、うん旨い。


よーし、よしよし。順調だ。

このまま身分を隠しつつドサクサに紛れて他の方ともお話を、、、




「ハイ、じゃ全員壁際にグルーっと並んで順番に自己紹介してください」



罠キターーーーー!!il||li(;゚`A´゚ )il||li



そうですよね。うん、自己紹介しないとですよね。





俺オワター(ノ゚∀゚)ノ




確かトップバッターは

すくすくスクラッチでお馴染みの岬さんですよ。

スタートから場外ホームラン並みのっていう。

それからというもの、

某大会で優勝しましたー

○○でライターやってますー

商業原型師で○○担当してますー

某社のGなプラモデルの箱絵描いてますー

・・・毎打席4番バッター連発。



オレ、


オレ、、



オレって、なにw?!σ((゚∀゚;))



もーダメだ。正体バレる。

開き直ってギャグでもかまそうか、と思っても全然頭が回らない。


自分の前はnozomuさんだった。

まだお若いのにキッチリ挨拶してるなあ、、凄いなあ。。。

なんて関心してたら自分の番。



「アウアウアウ、アウーアウアウ。よ、よろしくおねが、、、アゥアゥ、、プス~」




・・・死にたい。



なに喋ったんだか全然記憶に無い。

こんなに緊張したのはいつ以来だろう。。。


自己紹介タイムも終わり、

プルプルしながら他の方ともご挨拶させて頂いたりしましたが、

自分のことなんかこれといった話すネタも無いわけで、

ひたすらお相手様の過去の作品についてなどを伺うという

ほとんどファン的なノリで接することしか出来ませんでした。


当然といえば当然ですが、やっぱり情けない。


もしも、

もしも来年もお招き頂けるのでしたら、

最低でも「ちゃんとした」作品を持ち込みたい。


私はこういう者です、と名刺替わりになり得るような作品。



あまりにも恐れ多い場だったので

ただただ緊張していただけでしたが、

今思うとあの状況に身を置かせて頂いただけでも

かなり良い経験だったと感じています。


静岡はみんなでバカ騒ぎする場。

関東Ma.k.はマシーネンというカテゴリの中で楽しみつつ力試しする場。

わいるどな忘年会は己を知る場。


僭越ながら、

まだまだ緊張はとけないものの来年こそはという、

楽しみの感情が上回っております。


作るモチベーションというのは、どこからくるのかわからないものですね。



ご招待してくださったWildRiver荒川様、そしてご同席されていた皆様、
本当に色々と有難うございました。<(_ _)>

 
いつもありがとうございますヽ(゜ω゜*[Thank You!!]*゜ω゜)ノ
 
人気ブログランキングへ



別窓 | 未分類 | コメント:0 | top↑
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 |
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。