S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジェリー Vol.1
2009-10-21 Wed 20:59
 
久しぶりのPCログインですこむばむわ。
またまた空いてしまいました。
毎日訪問してくださっている方には申し訳ないです、、ごめんなさい。
 
マメに更新しないとどんどん画像が増えて更新するのが億劫になってしまいますね。
もうちょっとマジメに更新します・・ハイ。
 
 
おっと、その前に。
 
「モデラーズサミット」が大盛況だったようで(^^)いやいやよかったですね。
実行委員の皆様大変お疲れ様でした。
出品参加された皆様も製作ご苦労様でした。
そして入賞された方、オメデトウございます!
 
結果的にはワタクシは犬の手術のために参加出来なかったのですが、
次回は必ず参加したいと思っておりますので、次期開催を心待ちにしております!
 
あ、犬の腫瘍摘出は無事終わり、その腫瘍がどういったものなのかの
検査結果待ちだったのですが、「陽性」という報告を先ほど受けまして
ホッとしております。
もう11歳なので、ジイさんなのですがまだまだ長生きしてもらわんとなあ。

 
さて。
 
ジェリーです。
画像多め、文少なめでご容赦をー。
 
「殻割り」ということで、色々と悩みました。
というか、今も悩んでいます。
 
1021a.jpg
この「左右非対称」っぷりがなかなかのクセ者なジェリー。
 
コクピットも実はセンターより「左」へ3ミリずれていることが後に判明、、。
 
 
1021b.jpg
「SF3D」時代の旧キットのカードにはこのようなメカニカルなイラストが載っていたんです。
かっこイイなあ、、、。
これが唯一のメカニック資料となりますが、あくまでも参考程度に。
 
1021c.jpg
インストには機体3面図とコクピット断面図が。ありがたや。
でも、参考になったかどうかは微妙です・・。
 
1021d.jpg
ノーズ装甲内部の仕切り板の裏にはちゃんとペダルのモールドがあります。
「殻割り」するにあたり、これが余計だったりします・・。
 
1021e.jpg
「どこで割るか?」
例会でサークルの仲間と殴り合いしながら議論しました。
鉛筆のラインから「バルジ」の上に避けるか、下に避けるか、
はたまたバルジを割ってしまうか・・・で討論。
 
「上」を通るとサイドウインドウとギリギリ過ぎて嫌だ。
「下」を通るとオープンした時にバルジが上に跳ね上がるので、ミッキーマウスみたいで嫌だ。
「バルジを割る」のは非現実的だから嫌だ。
 
わがまま三つ巴戦開始。
 
ちょっと時間が経って、
そもそもこの範囲で割っても単なる「ハッチオープン」にしか見えないことに気付く。
 
で、結果・・・
 
 
1021f.jpg
ダイターン3!(懐)
 
いや、大胆にもこんな分割ラインに決定。
というか、このラインで分割しないと「逃げたと見なす」的な空気だけが残りました・・。
 
このあとどれだけ悩んで苦労したことか、、。(いや、まだ終わってないんですが)
 
完成したら、オレ、仲間、殺す(●σ゚益゚)σYO!!
 
 
1021g.jpg
このキット、内部コクピットを先に作ってから本体を挟み込んで組むという、
ファルケ同様の組み立て方式なのです。
 
ファルケはまだいいのですが、ジェリーに関しては本体のパーツが
左右と下の3分割の構成で、仮組みですらちょっとイライラします。
 
1021h.jpg
とにかく、本体を一度接着組み立てしないと「殻割り」出来ません。
 
コクピットは殻割りしたあとからでも組めるように(位置が決まるように)追加工します。 
 
タンク状のパーツの上にコクピットを乗せ、そのタンクの両端を
左右本体パーツで挟んで支える、、、という構成を変更してやります。
 
タンクを下パーツで支えられるような「受け」を設けて、
コクピットもタンクの上でクルクル滑らないように位置決めのプラ材を設置。
 

1021i.jpg
 
1021j.jpg
イライラする仮組みを何度も繰り返して、コクピットの位置がしっかり決まったら
タンクの左右をカットして、戦車の転輪パーツなどでテキトーに内部機関を再現。
 
この時、右側が3ミリほど寸足らずということに遭遇し、
コクピットが左に寄っていることに初めて気付く、、、。
右側に転輪パーツをもう1枚追加しています。
 
コクピットの床・側壁もプラ板で延長再現。
 
 
1021k.jpg
本体接着前に内部の塗装はどーしよーかなー・・?と、
AM誌を眺めてしばし妄想にふけってみたり。
 
完成時のイメージがつかめないと作業が進みませんずら。
うーん、、、この作例の塗装、どえりゃーかっこエエなあ。
 

1021l.jpg
コクピットを入れずに、内部機関パーツ&本体も接着組み立てして 
もう後戻りできない状態に、、。
時には勇気も必要モデリング。(ノー計画モデリングとも言う)
 
とりあえず入り組んだ部分は濃い目のグレーで塗装しておきます。
(ファルケの内装指定色)
あ、前面仕切り板裏の「ペダルモールド」も削り落としてます。(のちに新規製作) 
 
1021m.jpg
本体の強度確保のため、前面仕切り板も接着。
 
切り欠きを埋め、ノーズ装甲がはまるリブ(立ち上がり)をプラ材で再現。
元々あった「装甲断面」チックな凸モールドは削り落としました。
 
 
1021n.jpg
いよいよ殻割りだぜ。
 
分割ラインはフリーハンドで鉛筆でアタリをとったあと、
厚手のマスキングテープ(モデラーズ製の伸びるやつ)を貼ってガイドにします。
 
ガイドに沿ってニードルで軽くけがいてから、
ひたすらエッチングソーでコリコリコリコリコリコリコリコリ・・・・・・と。
そりゃーもう嫌になるくらいコリコリコリコリコリコリコリコリ・・・・・・と。
断面の角度に神経使いました。
 
 
1021o.jpg
で、切れました。
(うわあああああ!もっそい苦労したのに、画像2枚でオワターwww)
 
メインイベント報告、あっという間に終了w
ま、まあいい。無事にカット出来たから。
 
確かにこれくらい大きく分割すると、「殻割り」と呼ぶに相応しくなったような気がします。
コクピットも「あと乗せサクサク」できるし。 

 
1021p.jpg
サクサクしなかったーー!orz、、、
コクピットが入りましぇん・・・。

仕方ないので、画像のように左右をカットして、
後から接着することに・・・・とも思ったのですが、
カットしたままの方がスッキリ見えるので、このままでいきます。
 
カットした端材の形状の違いからも、ボディが左右非対称であることを立証しています。
 
 
 
1021q.jpg
ボディ側の断面フチにソレらしく立ち上がりを。
もうちょっと「凝った」形状にしたかったのですが、あんまり時間も無いので
0.5ミリの半田線を貼り付けています。
これはこれで意外と時間かかりました、、、。
 
 
 
と、
とりあえず今回はここまでです。
 
ここ数日は、殻割りして「あらわ」になった内部の再現のために、
ジャンクパーツと格闘している日々を過ごしております・・・。
これがなかなか難しくて難航しています。
 
入り口が狭いのにボディ内部はふっくらと空間があり、
内壁のRが3次元なので、うまくパーツが収まってくれなかったり
イマイチ「それらしく」見えなかったりと、パーツの選別と取り付けに
今も頭を抱えてしまっているところです、、、。
 
例えるなら「ボトルシップ」を作っているような感覚でしょうか・・(作ったことないんですが)
 
あ、フグの剥製(はくせい)のクチからピンセット突っ込んで
骨格を再現しているような・・・(もっとわかりずらい)
 

さあ、、もうちょっとペースアップしないと、、、。
あ、更新もですねそうですね。がんばります(^^;
 
 
いつもありがとうございましーねんヽ(゚ω゚*[Thank You!!]*゚ω゚)ノ
人気ブログランキングへ←ポチッとぷりーず!アナタの黄金の右指で!


スポンサーサイト
別窓 | ジェリー | コメント:8 | top↑
立て!立つんだジョー!
2009-10-07 Wed 18:30
 
先日、ツマが泣きながら動物病院から帰ってきました。
 
愛犬ジョーの耳に出来た腫れ物がガン腫瘍であることが判明したからです。
 
 
腫れ物が出来てまだ2,3日しか経ってなく、いわゆる早期発見だったので
命に関わる、、、というほどの大事ではないと思うのですが、
実際手術をしてみないと何とも言えないというのも拭えないそうです・・・。
 
薬で治すか、レーザー(バーナー)で焼くか、最悪片耳ごと切除しなくては
ならないかもしれないそうです。
部位が耳なので脳に近いということもあり、今週の日曜に早速手術して
もらうことにしました。
 
ただ、先生が物凄く良い方で出来るだけ犬が痛がらなく、尚且つちゃんと
治るような処置を模索していきましょう、とのことなので当日の検診によりけりです。
 
 
完治する見込みは十分にあり、それほど落ち込むことはないとの励ましも
頂いたので、今はツマも落ち着いています。
ツマのジョーに対しての溺愛ぶりはハンパじゃないのでショックだったでしょう、、。
 
ボクは過去に犬・猫の死に目に何度か立ち会ってきてますし、
高校の時、通学途中で飼っていた猫が車に轢かれて亡くなっているのを
発見してしまった、、というショッキングな出来事にも遭遇しているので、
ある程度の免疫が出来てしまっているので、それなりにいつも覚悟はしているつもりです。
 
でも、実際またこういう事態に遭遇するとやはり気が滅入ります・・・。
 
ペットを飼うということは、「最期も見届ける覚悟」も必要だということを
これからペットを飼おうとしている方へ僭越ながらご助言させて頂きたいと思います。
 
ペットを捨てる、なんていうのは論外です。
そーゆー事するやつはマジで終身刑にすればいいとすら思う。
捨てられたペット達は「処分」されるんだぜ?
行く当てが無くなった動物達が殺されて、捨てた本人がのうのうとしているって理不尽すぎる。
 
ペットを飼うのに「資格」が必要にするとかすれば、そう気軽に「飼っちゃおうか?」
みたいな軽いノリで無責任な飼い主の手元に渡ることが少しは軽減されるんじゃないかなあ?
 
 
あ、なんか熱くなってしまいました(^^;
日曜にどのような処置がされるかわかりませんが、頑張れよ!ジョー!
 
日曜といえば「モデサミ」ですが、お誘い頂いていたのをお断りしておいて
良かった、とちょっと複雑な気持ちですがそんな気分です、、。
「モデサミ」参加される皆様、当日は思う存分楽しんできてくださいねー!!
 
 
さてー、製作中のジェリーですがやっと波に乗ってきました。
分割ライン(殻割り)は決定していたのですが、その前の下準備やらで
考える時間の方が長くてなかなか作業が進みませんでした。
 
このキットもファルケ同様、中身を先に作ってから本体を挟み込む方式なので
その位置決めとかオープンシェルにした時にどこが見えてくるのか・・?などの
先読みが難しかったのです。
現在は張り合わせた本体の仕上げ中で、それが終わったらいよいよ「割り」に着工です。

次回は画像を交えて更新してまいります~。
 
 
いつもありがとうございますヽ(゚ω゚*[Thank You!!]*゚ω゚)ノ
人気ブログランキングへ←ポチッとぷりーず!アナタの黄金の右指で!

別窓 | 未分類 | コメント:2 | top↑
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 |
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。