S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
エクシア胸像 Vol.5 ファーストシーズン・ファイナル
2008-05-22 Thu 00:50
静岡から帰ってきて、日曜はもうダラダラの一日でした。
あんなにダラダラしたのは久しぶり。
 
ダラケと疲れがイマイチ抜けきらないまま月曜から仕事が忙しく、
更新が遅くなってしまいました。
今日はちょっと早く帰れたので、一応一区切りついた
「エクシア胸像製作記のファーストシーズン」のファイナルといたします。
 
まだ完成したわけではないので、いずれまた再開したいと思います。
 
 
で、
もう静岡出発前日でどーにもカタチにすることが出来なくて、
出品を完全に諦めていたのです。
 
仲間のN氏と共に夜中の3時に出発予定だったので、
22時に近所の駅までいったんN氏をお出迎え。
 
まだ出発まで時間があるし、N氏も私も仮眠をとって・・・、
というつもりだったのですが、、、、、
 
ウチに着くなり、エクシアの進行状況を見てN氏が一言。
 
「作りましょう!」
 
なんとなく予感していた。
多分そうなると覚悟していた。
あと5時間。寝ずにやればなんとかなるかも。そう、寝ずに。
 
でも、30秒も考えこまなかったよね?(ね?N君)
すぐに私も「やっか?やっちまう?」
2人でやればなんとかなるかも・・・と少し期待していたのかもしれない。
 
 
そうと決まれば即行動。
お互い仕事で疲れているはずなのに妙にテンション高め。あ、疲れているからか。


おっと、その前に前日まで進めていた作業状況。
gn1.jpg

外側のアクリルドームを切り欠いた部分を仕上げ。
出発2日前の朝4時までこれをやっていたw
端面は最終的に鏡面仕上げにまでもっていく。ピカピカだけど体はクタクタ・・。
 
染色にてグリーンに染めあげ、若干ツヤが落ちてしまったのでクリアーを上吹き。
 
 
gn2.jpg

ほとんどあと組み込むだけの状態まできていた各パーツ群。
 
 
gn3.jpg

テキパキと作業するN氏。
内側のアクリルドームに印刷する文字シールを製作&貼り付け。
書体を前日に調べておいて良かった・・・。
 
 
gn5.jpg

作品プレートも作成してもらう。
ガンダムOO公式サイトのMS詳細ページを参考にサクッと作る。
さすが仕事が早い!!しかもスバラシイ出来!
 
 
gn4.jpg

もう、、、これを見たらさらにテンションアップして作業に気合が入る!
しかし、ここから先はもうバタバタしていて写真を撮る暇もなく・・・スミマセン。
 
 

 
 
で!暫定的な完成としまして、こんな感じで!!
gn6.jpg

gn7.jpg

静岡では頭部のツインアイ、メインカメラは点灯させませんでした。
もともと発光するものなのですが、単三電池のため10分足らずで
光が弱くなってしまうのです・・・。
 
LEDも高輝度タイプに交換して、ボタン電池を組み込む予定だったのですが
間に合いませんでした。
 
 
gn8.jpg

この横からのショットが好きです・・・。
背中の内部も光っているのが見えますでしょうか・・?
 
 
gn9.jpg

実はココが今回の最大のウリだったりします(^^;
 
「ガンダムOO(ダブルオー)」の大きな特徴の一つでもある「GNドライブ」。
別名「太陽炉」と呼ばれるエンジンで今回の新ガンダムは動いています。
 
空を飛ぶときなどにこの「GNドライブ」から「GN粒子」という、
エメラルドグリーンの「光の粒子」を放出する演出があり、
これがいわゆる「エネルギーの源」となっているようなのです。
 
背中に出っ張っている部分が「GNドライブ」。
そこで発生した「GN粒子」を胸の「GNコンデンサ」に溜め込む・・・といった解釈なのですが、
「GN粒子」をどう再現するか・・・。
 
最初はそんなことは考えていなかったのですが、
とある、アクリル素材の専門サイトで偶然見つけたアクリル素材に出会った瞬間に
「もらった!!」と思いました(^^)
 

「泡入りアクリル棒」
片方の面からLEDを照らしてやると、泡が粒子のように照らし出され
宙に粒子が浮いているように見えるのです。
偶然の出会いでしたが、なかなかいいアイデアだと自負しております。
 
 
 
gn10.jpg

なんとか無事に展示することができました・・。
 
このあと力尽きて3時間ほど車中で爆睡してしまい、
その後は会場を周っていたので、お客さんの反応をあまり見ることが出来なかったのですが、
ちびっ子3人組が「かっこいい!」と言ってくれたので、もうそれだけで十分でした。
 
 
来年はもうちょっと余裕を持って制作&参加したいです。
・・・と、毎年同じ反省を繰り返しています・・・。
 
色々と迷惑をかけた妻、そしてサークルのメンバー様、
最後の作業を手伝ってくれたN氏に改めて感謝いたしております。
 
そして、ご覧になってくださったお客様、ありがとうございました。
 
来年はもっと楽しんでもらえるような作品を作りたいと思っておりますので、
また見に来てくださると幸いです。
 


スポンサーサイト
別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
静岡ホビーショーを終えて
2008-05-18 Sun 22:16
一日のみの参加でしたが、SHSが無事終了しました。
 
出発前日、もう「エクシア胸像」は間に合わないと判断し、
持ち込みは諦めていました。
 
 
が、
仲間のN氏のご協力により、なんとかカタチにすることができ、
無事に展示ブースに並べることができました!
(Nさん!本当にありがとう!!)
 
 
gn001a.jpg

エクシアヘッドは全くの手付かず状態でしたが、
とりあえずは何を再現しようとしているのかということは伝わったかと・・・。
 
その証拠に・・・・
 
gn001b.jpg

画像のように、子供達の反応がとてもストレートで分かりやすかったです(笑)
 
女性客の方もケータイで撮影してくれたりと、
いわゆる「濃い模型マニア」の方々よりも、そうしたお客さんに足をとめてもらった方が
うれしいなあ・・・と、特に静岡の展示会ではそうあってくれるのがやりがいに
なるのかも、と思った一日でした。
 
 
まだ未完成ですが、見て行ってくださったお客さんには
大変感謝致しております。
エクシア胸像は一旦製作をストップさせますが、また後に再開したいと思います。
そして、また来年に向けて楽しんで頂けるような作品を制作したいと
思っておりますので、またご覧頂けると嬉しいです♪
 
トライアングルHPにも当日の模様がUPされておりますので
どうぞご覧くださいませ。
 
後日、当日の模様を簡単ですがご報告させていただきます。
皆様、大変お疲れ様&有難うございました!
 

別窓 | 未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
エクシア胸像 Vol.4
2008-05-13 Tue 00:38
うへーい。
やヴぁいよ、やヴぁいよー。時間がないよー。
 
もう、尻に火が点いちまってヤケドどころじゃ済まない状態ですの~。
 
 
先日のサークルの例会では、自分でも気になっていた箇所を指摘され・・・。
ただそれはおっしゃる通りでして、一応省略すべきその箇所も
作り起こすことに・・・。(左右の鎖骨付近から生えているアンテナです)
 
わかってるんだよ~、、オレも、、。
出来るかどうかわかんないけど、ギリギリまで頑張ってみるつもりです。
ただ、いつその場所に着手するかなんだよなあ・・。
あと4日?3日?
 
フツーに考えて無理だわw
 
で、
現在の状況です。
 
512a.jpg

ドーナツ各種。
 
512b.jpg

胴体フレームに各アクリルパイプを固定するとこんな感じ。
 
512c.jpg

胸像は2センチほど浮かせてベースに固定したいので、
DIYで見つけた棚板用の脚を利用します。
 
512d.jpg

アクリルパイプに電飾を固定。
いきなりドリルで穴を空けると、アクリルは割れます。
「下穴キリ」という刃物で空けると割れません。DIYに売ってます。
 
512e.jpg

100円ショップで買った板とU字釘で塗装治具を制作。
あーもー、色々と下ごしらえがメンドクサイ。
 
512f.jpg

一部のリングや、アクリルパイプにこれまた面倒くさいマスキングをやったり・・・。
 
 
とまあ、なかなか思うように作業が進みません!
 
今日は風が強く、(先ほどから雨まで降ってきやがったw)ちょうど
塗装ブースの窓側から風が吹き込んでくるので、踏んだり蹴ったりです。
 
さあ、、、今日は何時までやるか・・・。
 
今日も明日も結構気温が低いので、風邪だけには注意しよう。
 
もうホンっっっっっっっっトに時間がないので、次の制作記は
静岡ホビーショーが終わってからまとめてアップさせていただきます!
 
たわいも無い日記は書くかもしれないけど・・・(^^;
ま、そこは「気分転換してるんだな~」と、悟ってやってくださいましーねん。
 
でわでわ。
 
別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エクシア胸像 Vol.3
2008-05-06 Tue 20:28
「あ~・・・明日からまた仕事かあ・・・」
と、連休最終日の一番イヤ~~な時間帯を堪能してますか?
 
G.Wはもう終わったのですよ!わっはっはっはっは!
G.Wと言っても「GO!ワイセツ!」の略ではないのだよ!
 

さてと・・・
 
エクシア胸像の続きです。
 
 
56a.jpg

新兵器投入。
といっても、会社から2日間だけの期間限定で借りてきました。
これは「超音波カッター」です。
 
安価な物も出回っておりますが、これはかなり本格的な代物です。
先端の刃先が、肉眼では全く確認出来ないくらい高速微振動していて、
その力のみでカットする危険な香りがするツールなのです。
(ン十万もするんだって・・・。)
 
56b.jpg

プラスチックをカットすると、摩擦熱で切り口が溶けてしまいます。
まあ、良く切れる「ホットナイフ」みたいなもんです。
高額なお金を出して買うほどのモンじゃございやせんw
 
 
56c.jpg

こういう「円形」のカットをしたりするには有効ですけどね。
 
56d.jpg

大まかにカットしたら、今度は正確にノギスで寸法をあたって・・・
 
56e.jpg

最終的にはリューター→ヤスリがけ、と手作業になります。
 
56f.jpg

アクリル球体ドームをインサート。
 
 
56g.jpg

さあ、ここからが本格的な大仕事。
胸のパーツを切りまくります。
 
56h.jpg

丸で囲んだパーツを加工もしくは切り出しを行ないます。
 
 
56i.jpg

アクリルドームの台形の切り出しと、その周りの白い外装部分の
位置をマスキングテープでアタリをとっていきます。
このカタチと大きさはノギスだけではちょっと無理です。
「ハイトゲージ」でもあればいいんですが、まあ大体でいいでしょう。
時間も無いので勢いでヤッちゃいます!
 
 
56j.jpg

カット完了。
切り口がデロデロに溶けてしまい、仕上げが大変そうです・・・。
 
 
56k.jpg

 
56l.jpg

仮合わせ。
 
んまー、似てないしバランスわるッ!
 
このままじゃマズイのは分かっているのですが、、、どうしましょ???
あんまり手をかけている時間も無いので、これらのパーツは「グレー」に塗装して
 
「外装は実は2重になっていて、コレはその下の層の外装なのだよ」か、
 
一応イメージは開発中のエクシアなので、
「ホントの外装はコレじゃない。コレは擬似外装なのだよ」
 
と、するかもしれないなあ・・・なんて思っています。
 
ひとまず、今夜はこのパーツは置いておいて
内部の発光ギミックに手を付けてみます。
 
最悪、外装は間に合わなくても発光だけはやらなきゃこの大きさの意味がない!


別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
G.Wなのですね・・・
2008-05-06 Tue 02:52
ゴールデンウィークは無いッス!
 
一応来週の月曜は休みなので、今週末は3連休になるわけですが
今週はフツーに仕事です。
 
さて、エクシアの胸像モデルの製作はなんとか頑張っているのですが、、、
いやー、、、大変だなあー・・・と今頃になって思っております。
 
もう、「似てる、似てない」とかどうでもいい。
バランスもおかしかったりしますが、こういうのは「やったモン勝ち」みたいな
ところがあると思うので、頑張ってカタチにしたいと思います。
 
昨日は朝4時半まで、今日も2時半過ぎてしまっているので、
明日また制作記事を書かせていただきます。
 
ねーむーひぃー。
 
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エクシア胸像 Vol.2
2008-05-04 Sun 02:11
こんなアンダーグラウンドなブログなのに、
ここ2,3日訪問者が増えてきた、、、なんで?

まあいいや。
さて、続きです。
 
金曜(5/2)に仕事から帰宅したら、オーダーしていた
アクリル部材が届いていました。予定より一日早かったのでかなり助かりました。
 
 
53a.jpg

一番大きいのが直径150ミリのパイプ。
こういう「樹脂材料」は、直径が正確ではないんです。
太さが大きければ大きいほど、ズレ幅も大きくなります。
 
このパイプの交差は「±0.8ミリ」。
つまり149.2ミリ~150.8ミリのバラつきが製品によってあるわけです。
 
これはごく当たり前なことで、いい加減なわけではないのです。
 
 
53b.jpg

先日作ったフレームの穴に通そうと試みましたが、入りません。
 
一応念のため、直径150.5ミリで加工しておいたのですが、予想がハズレました・・。
塗装膜の厚みも考慮し、感覚的に0.2ミリは削らなければいけないと判断。
つまり、削ったあとは直径が0.4ミリ大きくなるということです。
 
 
53c.jpg

削った場所が分かりやすいように、マーカーで印を付けます。
 
 
53d.jpg

トータル50ミリのABS材を、均一に0.2ミリだけ削るには
鉄やすりより荒いペーパーの方が有利です。
番手は40番。これくらい荒くないといつまで経っても0.2ミリは削れません。
 
 
53e.jpg

ペーパー傷を消すために番手を上げていきます。
傷のミゾにマーカーのインクがしっかり入るように塗りつけ、
それが消えるまで削り込みます。
 
ここで妥協すると、最初に残った傷は最後まで残ります。
 
 
53f.jpg

ちょっと分かりにくい画像ですが、
ペーパーがあまりにも荒いので、握っている指の皮まで削れてきました・・。
 
 
53g.jpg

軍手をして続行。
 
 
53h.jpg

ある程度ツヤが出るくらいまで仕上げました。
ペーパーは40番から順に、120→180→240→320→400→600と、
マーカーを塗っては削り、、、を繰り返しました。もはや修行です。
 
最後に細目のスポンジやすりで軽くなでています。
 
 
53i.jpg

パイプとフレームにマスキングテープを貼って、「仮」の塗装膜の厚みに見立て、
はめてみます。
この状態で「スコッ」と入ってくれればオッケイでしょう。
なんとかうまくいったようです・・・・疲れました・・・。
 
 
53j.jpg

パイプと一緒に届いた半球ドームと合わせて仮組み。
 
おお~。いい感じになってきました。エクシア度数ちょいアップです。
形になってくると嬉しいですね。
 
 
とりあえず現状はここまでです。
引き続きがんばります(^^)
 

 

別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
エクシア胸像 Vol.1
2008-05-02 Fri 03:19
さあ、いきますよ!
 
制作に着手です!DEATH!
 
 
なんとか材料等のメドが立ったので、行動開始です。目標を駆逐します。
 
胸の球体などのアクリル部材は、ネットで見つけたアクリル専門店にオーダー。
土曜(5/3)には到着するはず。
 
あとは、使えそうな物を家電ショップや百均で調達。
 
 
51a.jpg

とにかく「GNドライブ」の再現に役立ちそうな物を買いあさってきます。
丸くて、直径が合いそうで、材質がPSかPCかアクリルであることが条件です。
質感をそのまま生かすなら、ステンレスやアルミがいいですね。
 
51b.jpg

浴室内用の照明。
白いカバーが胸の外装部に使えそうです。
 
51c.jpg

壁掛けも可能な照明器具。
これを・・・
 
51d.jpg

バラして、付属の電球を外しブルーのLEDが複数入っているタイプに交換。
これを胸の球体レンズを光らせる光源にします。
 
51e.jpg

百均で買った時計。
コレも速攻バラして黒い部分を胸の球体レンズの土台に利用します。
文字盤が入っていた窪みの直径が、球体レンズの直径と一致していたので。
 
51f.jpg

出た。反則ワザw
会社のNCで作った、胸本体の基本フレームとなる板材。
板厚10ミリのABS(黒)を5枚。
150ミリの穴と四方に10ミリ穴を空け、角をテーパー加工しました。

51g.jpg

これは自宅のマイ旋盤。
アルミパイプの端面を整えつつ予定寸法にカット。
 
51h.jpg

これで胸の基本フレームの部材が揃いました。
このあと、アルミパイプの長さを50ミリも長くカットしていたことに気付いて凹むorz
 
51i.jpg

穴の調整。
10.02のリーマーでちょっとだけ広げています。

51j.jpg

はい!とりあえず組んでみました。
うーん、、、やっぱデカイなあ、、、。
 
51k.jpg

レンズの土台パーツをあててみます。このままだとまだバランスが悪いように見えます。
真ん中の画像が1/100キット。
胸の白いパーツの土台の部分を、この黒いパーツで補ってみようかと思います。
 
51l.jpg

この角度から見ると、まあまあ良さげに見えません?
 
こんな感じで進めています。
この記事を書いていたらAM3時を過ぎましたwねむー。
 
ということで、また次回!
別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 |
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。