S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
アメ車文化
2007-03-19 Mon 00:52

日曜日はお出かけしてきました。
 
今、仕事が忙しいのですが明日からいよいよ
本格的にもっと忙しくなるので(1ヶ月くらい)、
鋭気を養うためにツマとデートでございましたよ。
 
20070319001106.jpg
 
↑厚木にある、「グッゲンハイム・マフィア」というアメリカン・ダイナー&バー。
店内には実車のピンク・キャディラックがずっぽーんとディスプレイ、、すご。
 
目的は食事ではないのです。
 
ボクはかな~りのアメ車ファンなのですが、歴史の長いアメ車のまわりには
色んな楽しみ方・文化が取り巻いていて、それはそれは奥が深いのです。
 
ノーマルのアメ車が一番カッコイイと思うのですが、センス良くカスタム
されたアメ車はこれまたカッコイイものなのです。
一言にカスタムと言ってもここからさらに細かくジャンルが枝分かれしていて、
とてもここでは書ききれないし、誰も読みやしないと思うのでやめときます。
 
で、今日ここにはその細かくジャンル分けされた中のひとつ、
「ROD&KUSTOM」系のアートショーを見に行ってきたのです。
ジャンルが違うとファッションも違っていて、
いわゆる「リーゼント・グラサン・革ジャン」の三種の神器セットで
身を固めた「グリーサー」と呼ばれるお兄さん方がどこからともなく
集まってまいります。
  
当然、店の周りにはそんな車が集まりますよ。
cartop1.jpg
  
 
car1.jpg
  
↑フォードT。恐らく28年型だと思われますが、詳細シランヌ。
でも、随所に遊び心があって面白い。
ドライブシートの床はベニア板です、、、足元から地面見えてます。
スピードメーターなんかこーゆー方々は付けないのです。
水温計、燃料計、タコメーターくらい、、、。
サビだらけで粗末に扱っているかのような「ヤレた風合い」を
カスタム界では「ラット」な状態と言います。
直訳すると”不潔”なんですが、これもスタイルの一つなのです。
 
car2.jpg
 
↑ナッシュ「メトロポリタン」
インパクトの強い塗装に目を奪われがちですが、
スタイルもかなりモディファイされています。
バンパー&グリルはキャディラック、ヘッドライトは
40’sのフォードから移植されています。
テールレンズ周辺はちょっと不明、、、。
 
car3.jpg
 
↑カスタムショップ「パンプキン・サリー」のデモ・カー。
これもフォードTがベースになっているようですが、
40’sのフォード・グリル、30’sのボディ、、、
シャシーもツギハギしてると思われエンジンも別物でしょう、多分。
もう何がなにやらですが、各地のカーショーでアワード(賞)を
総ナメにしてきている車です。
 
 
さてさて、、、本題はここから。
今回のこのショーはそういうアメ車を取り巻く文化の一つ、
カスタムカルチャーのアーティスト達による
オークション形式のアートショーなのです。
 
コンセプトは「新人・無名・アマチュアこそ大歓迎」というもので、
沢山のアーティスト達に作品を買ってもらう喜びというものを
知ってもらおうと企画されたものなのです。
中には若干21歳という若々しいチャレンジャーも参上しておりました。
参加アーティスト70名以上というけっこうな充実ぶり。
 
↓店内の展示風景
tennzi1.jpg
 
いわゆる「ピンストライパー」のグラフィック系の
作品が主だったのですが、中には立体物の
オブジェやスカルプチャー(フィギュア)もあり、
モデラーとしての視点から見ても面白い印象を受けました。

 
↓ピンストライプによるグラフィック系作品
1.jpg
 
 
↓既存の立体物にピンストライプされた作品
2.jpg
↑脳ミソ丸出しのケロロ(違)がおるね。
 
↓オリジナルオブジェ、スカルプチャー作品
3.jpg
 

 
comunication1.jpg
 
↑店内には、その日作品を出品している数名のアーティストさんによる
デモンストレーションも行なわれ、気軽にコミュニケーションを
とることもできました。
 
 
rudytop1.jpg
 
↑中でもとても気に入ったのが「LUCKY RUDY氏」のブース。
もうこの歳になるとガイコツ系とかはお腹一杯なのですが、
氏の作るスカルプチャー作品はどことなく愛嬌があり、
ヘンなトゲトゲ感がなくて好感が持てました。
rudy2.jpg
 
↑上の画像は売り物ではないそうなのですが(一部あり)、
これはもう、普通に模型作品もしくはビネットとして素晴らしい
作品だと思いました。
見せ方・ディスプレイ・各作品の全体&小物のレイアウトなど、
勉強にもなり、見ていてどこか楽しくて全然飽きませんでした。
 
「どこかで見た作風だなあ・・・」と帰ってからHPを拝見したところ、
過去にホビージャパンで紹介されていました。
紛れもなく氏も「モデラー」なのだと再確認し、
ちょっとした安堵感とうれしさが、、、、。
  
 
ishii1.jpg
 
↑「Hiro ”Wildman” Ishii」氏の作品
ワイルドマン・石井氏はムーンアイズのピンストライパーで、
日本ではその業界の先駆者にあたる方です。
単身アメリカで修行を積み、今は亡きカスタム界の巨匠
エド”ビッグダディ”ロス氏に「Wildman」の称号を授かったという、
それはもうワタクシにとっては神様のような存在なのです。
 
当日ご本人も来場しており、石井氏にお目にかかりたいという
目的もあったのです、じつは。
十数年前から何度もカーショーでお見受けしていたのですが、
うまくタイミングが掴めず緊張して躊躇していたのですが、
やっと念願(?)が叶い色々とお話させて頂くことが出来ました。
 
ウチには表札がありません、、。
いつか石井氏にお願いできれば・・・という夢があったのですが、
その件についてもとても気さくに応じて頂き、やっと
希望が叶えられそうです。
 
帰り際に記念撮影までして頂くという、かなりミーハーな
テンションだったのですが、たまたま持っていたスケッチブックに(←確信犯)
サインまでお願いしてしまいました(^^;
 
ishii2.jpg
 
↑なんとも豪華なサイン・・・もう家宝です(嬉泣)
氏のピンストライプのプラクティクス・ブックと
「LUCKY RUDY」氏のヒゲを生やしたスカル・キーホルダー。
 
 
まあ、なんとも色々と刺激を受けた濃いぃぃ一日でした。
 
沢山の作品を拝見しましたが次回のショーには
ちょっと自分も参加したいなあ、、と思ったり思わなかったり、、。
いや、かな~~り思ってますw
また新たな目標が出来てしまい、今年はかなり過密スケジュールですが、
アメリカンなオイラのエンジンを更にブン回して突っ走りたいと
思ったり思わなかったり、、、、いやいやいや!思ってますよ!やりますよホントに!
 


スポンサーサイト
別窓 | アメ車 | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
逆境モデラー
2007-03-13 Tue 21:44

3/11(日)はトライアングルの例会でした。
 
わたしとNagaokaさんは「展示係」の任を受け、
そのためのレイアウトイメージを構想すべく
みなさんに作品を持参していただきました。
 
tri1.jpg
 
う~ん・・・ちょっと少ない。
というかインパクトがありませぬ。
 
今年の静岡ホビーショウは展示スペースが縮小されてしまったため、
作品サイズのレギュレーションを設けてしまった結果、
みなさんちょっと遠慮してしまったようで・・・・。
(いやいや、でもとても感謝しているのでございます)
 
せっかくレギュレーションをお守り頂いたのに
大変申し訳なく思ったのですが、大きさ・ジャンル等は問わず
新たに作品募集を募る結論となってしまいました・・・。
しょっぱなからグダグダで早くも迷惑かけちゃってます・・。
 
来月に再度作品が揃ったところで、最終的な判断が
できれば・・・と思っております。

 
さて、HJ誌の「オラザク選手権」で金賞に輝いた
NagaokaさんのSDザクタンクをたぷ~り拝見しましたよ。
 
zakutank1.jpg
 
zakutank2.jpg
 
頭もパックリ割ってもらいました。
ほうほう。ジャンクパーツがちゃんと「らしく」配置されているので、
とても説得力があって見ごたえ十分です(^^)
 
右腕が肩軸からポッキリ折れて破損してましたが、
運搬の梱包の仕方がかなり雑・・・・(^^;
テキトーに空いたスペースに「ワッパコン」のジオラマ作品を
縦に突っ込んでましたからね・・・。
そのせいで電柱も根元からポッキリと・・・・。

本人も意外とあっけらかんとしていて、
「完成して写真に収めたからもういいの」と・・・。
でもなんとなくその気持ちは分からなくはないです。
完成したら「もう気が済んだ」って心境になって、
結構扱いが雑になったりすることがありますね、たしかに。
静岡ホビーショーで展示いたしますので、
是非ナマで拝見してみてください~。
 
・今月のなかむらちん・
さて、ガンプラMGシリーズももうすぐNO.100を
向かえるにあたり、色んなところで憶測が飛び交っておりますが、
私が推測するアイテムは希望も含めると、
 
第一候補:ナイチンゲール
第二候補:ジ・オ
第三候補:ゼク・ツヴァイ
以下、ガンダムVer2.0、ディープストライカー、ガンダムMK-Ⅲなど。
 
それまでの繋ぎとして、ガンタンク、ゾック、シャアザクVer2.0とか。
まあ、無難といえば無難な予想だと思うのですよ。
 
ところが同サークルメンバーのなかむらちんは違う。
以前にも書きましたが、彼はマジで「EWACネロ」が
100番目だと豪語する。大マジで。最強だと吠える。
いや、いつかは出るかもしれない。出たら買うかもしれない。
しかし記念すべき100番目に「EWACネロ」を出すほど
バンダイは冒険しないだろう・・・。
だれか・・だれか彼を正気に戻してあげてください・・。
 
そんななかむらちんはその日はFSSシリーズのガレージキットを
持って来ていた。
彼は色んなものを作る。戦車・飛行機・車・キャラメカ・・・。
そして上手くて早い。どっかの飯屋のうたい文句みたいだ。
その日もバリバリとカッター一本でそのキットの
ゲート処理をこなしていた。
 
「ガレキって初めてなんだよなー」という彼に対し、
私は「ガレキは大変だよー、気泡とか結構表面が歪んでたりするし」
「そっかなー?大丈夫だよー、楽勝、楽勝♪」
 
ほほう。楽勝ですかそうですか。
おー、確かにあっという間にゲート処理も終わりそうですね。
じゃあ静岡ホビーショーまでに完成も可能ですねそうですね。
 
「あー、もうゲート処理が終わりそうじゃん。
これって静岡に出すんでしょ?」
 
彼「へ?いやいやいや、それはちょっと・・」
オレ「(ニヤリとしつつ)はい、これ出品カード(←出品予定を記載する用紙)」

彼「おー!?そうかい!やってやろーじゃねーか!(←キレた)」
 
 
いっちょあがりー♪(オレの勝ちヤター)
 
 
彼は逆境に立たされると燃えるタイプなのでは・・・と、
うす~ら感じていたのですが、やっぱりそうだった(と思う)。
ちょっとした「パンク精神」の香りがするよ。
当日、楽しみにしてるからねー(^^)うひひひひ。
  
そんななかむらちんのBlogをリンクしました。
右リンクカテゴリーからどうぞ。→
 


別窓 | 未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 |
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。