S.Rod
http://hotskinsarts.blog76.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
エクシア胸像 Ver.2・・・
2009-05-06 Wed 19:29
 
うひゃあ。
 
無理。
もう無理。
 
 
どんなにあがいても静岡H.Sには間に合いまへん。
 
ということで、勝手ながらエクシア胸像は
とあるコンテスト向けに製作することにしましたので、
情報開示はここまででご勘弁くださいませ~~。すいません、、、。
コンテスト終了後にはちゃんとアップします。
 
平行して、「オラザク選手権」に向けての製作も開始します。
こちらもコンテストですので、製作工程がご紹介できません・・・。
 
 
このままでは、ブログにアップするものが無くなってしまうので、
確実につまみ食いするであろう、今月末発売の「蛇目」や
カウツ・フリーゲなんかの製作光景なんかをご紹介出来ればいいなあ、、なんて。
 
 
最近は、ずっとブ厚いプラ板と格闘していたので、
普通にガンプラをサラッと作りたいです。
MGはちょっと重たいので、HGUCとか。
Hi-νいつだっけ??重装備型もいいな。
 
あー、、、MGグフが出るんだっけか。やべえな。
 
まま、それはあとで考えるとして、
静岡H.Sまでちょっとだけ時間が出来てしまったので、
放置していたファルケを完成させたいと思います。
 
もう、凝ったことは一切なしの方向で。
サークル的には一応「5機」並ぶことになっているんですが、
ちょっと雲行きが怪しい・・・。
最低でも3機は並べて、ハセガワ様にリスペクトしたい。
「ファルケ本」に載っているような工作はまた次のお楽しみにして、
とにかく塗装してちゃんと完成させよう。うん。
 
 
ということで、今夜からファルケ再開です。
塗装パターンだけ一工夫してみるつもりです。
 
 
いつもありがとうございます。ヽ(゚ω゚*[Thank You!!]*゚ω゚)ノ
banner2.gif←ポチッとぷりーず!アナタの黄金の右指で!


スポンサーサイト
別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
エクシア胸像 Ver.2 その4
2009-05-04 Mon 16:04
 
忌野清志郎さん、残念です、、、。
 
高校時代にコンサート(警備員のバイト)を見たのが唯一の思い出です。
ステージに背を向けて客を押さえつけなければいけないのを、
ワタシは両手を横に広げたまま客に背を向け、最前列のど真ん中で
ずーーーっとライブを楽しんでました。
 
今でもいい思い出、、大切にします。
ありがとうございました。
 
 
 
さてさて、、エクシア胸像。
もう、ヤバイとかのレベルじゃないくらいの遅れなんですが、
バカなので未だに奇跡が起こるのを信じていたりしますw
 
では進行状況の報告です。
時間が無いので、画像多め・文少なめでご勘弁を、、、。
 
 
54a.jpg
胸部に側板・GNコンデンサ基部を接着し、
前面に曲げクセをつけた板を貼りこみます。
 
 
54b.jpg
かなり強引。
隙間とかも無視して力技で接着。とにかくカタチにする。
 
 
54c.jpg
横から見ると、結構な3次曲面なんです。
シンメトリーもそこそこで妥協。2,3ミリ狂ってたってわからんて。
 
 
54d.jpg
背面はこんな感じです。
 
 
54e.jpg
本当の背面パーツ。
GNドライブの土台となる部分です。
 
ここも胸部と同様の作り方で製作しました。
 
 
54f.jpg
板パーツ切り出し、、、もう、、この作業しんどい、、。
 
54g.jpg
なんとかソレらしい形状に・・。
ヤスリがけは後回し。
 
 
54h.jpg
これが、
54i.jpg
こうなります。
またもや細かい板パーツの量産。
 
54j.jpg
箱組して、、、
 
54k.jpg
胸のGNコンデンサ周囲の白い部分です。
ちょっとテンションが上げる作業です。まだ細かい形状は再現していませんが・・。
 
 
54l.jpg
胸部に乗せてみる。
 
おー、、、みたいな。
ちょっとした達成感。(←早杉w)
 
 
54m.jpg
後で、やりにくそうな箇所をこの段階で先に塗装しちゃいます。
サフなんかいらん。
 
色はフィニッシャーズのファンデーショングレーに
カーボンブラックマットを混ぜたもの。
 
 
54n.jpg
本体の仕上げに入りたい。
けど、胸部左右ブロックも作りたい。というか作らなきゃ・・。
 
54o.jpg
中にリブを立てて、またもや箱組み。(仕方ないのは分かっているんですが・・)
 
と、ここまでが現状です。
 
腕は完全に未着手ですwwww
間に合うわけがない。
本来の予定なら、もう胴体は終わらせて腕の製作に入っていなければならないのです。
その予定でもヤバイっつーのに・・・。
 
まあ、でもやらなければ前には進めませんので、
やるだけのことはやってみます。
 
最悪、腕は「コイツ、、完全に逃げたな、、」というアイデアはあるんですが・・。
もしかするとそうなるかもしれません。
もう何言われたって知らん。作ったモン勝ちじゃ。
 
・・・くらいの気持ちで、、、。(あくまでも心の奥底のちっさな気持ち・・)
 
 
 
いつもありがとうございますヽ(゚ω゚*[Thank You!!]*゚ω゚)ノ
banner2.gif←ポチッとぷりーず!アナタの黄金の右指で!


別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
エクシア胸像 Ver.2 その3
2009-04-22 Wed 20:40
 
風邪ひいてました。
 
先週土曜の午後から昨日まで完全に寝込んでしまいました。
 
静岡HS当日でなかったのが不幸中の幸いと言えましょうが、
貴重な土日が潰れてしまったのはかなりイタイです、、、。
 
ただでさえ時間無いのに。
 
何気に風邪が流行っています。皆様も用心してくださいませ。
 
 
でも、一度免疫がついてしまえばこっちのもんです。
しばらくは風邪にビビることはありません。
まだ鼻水ダラダラですが、スパートかけますぞ。
 
 
422a.jpg
胸のGNコンデンサの土台となる部分です。
 
422b.jpg
左右に立ち壁を設けます。
 
こんなもの作るだけでもイチイチ箱組みしなければなりません、、。
1/100だったら、1.5ミリ角棒でチョチョイなのに。
 
422c.jpg
旋盤でパイプをカット。(←略さないようにw)
 
寸法誤差は±0.02で。
 
 
422d.jpg
前の記事で、切り出し→外周の整形が終わった板パーツをバラします。
これで胸の基本パーツが揃いました。
 
 
422e.jpg
Φ5ミリ棒をシャフトとし、各板パーツの間に寸法出ししたパイプを通していきます。
このパイプがスペーサーとなります。
 
 
422f.jpg
各板パーツがキッチリとした間隔で組みあがりました。
全ての基本となる部分なので、手を抜くと少しの誤差が後で響いてきます。
 
 
422g.jpg
チラリと見える脇腹にモールドを入れたくなりました。

こんな大型スケールだからこそ許される、Pカッターでスジ彫り。
 
 
422h.jpg
丸モールドも欲しくなりました。
 
組み上げてからの穴の開口だったので、一番前の板から貫通させなければいけない、、。
 
 
422i.jpg
最終口径はΦ4ミリです。
たったこれだけの作業も結構一苦労です・・・。
 
 
422j.jpg
脇腹の側板パーツも切り出して量産。
この作業も大変。
もう、何から何まで大変です、、、。
 
 
422k.jpg
側板パーツを貼りこみ。
徐々に立体的になりつつあります。
 
ゆるいRに貼るのにも、2ミリ厚だと素直に馴染んでくれません。
これからの作業は1.5ミリ厚におさえていこうと思っています。

 
現時点では大体こんな感じです。
かなり作業が遅れていることがお分かりかと思います・・・。
製図も平行して行なっているので、なかなか進みません。
 
背中のコーン状のGNドライブをどうするか、、?などの問題は後回しです。
分かる所・すぐに形にしやすい所などを迷わず作り出していかないと
モチベーションも下がってしまいます。
 
あとは適当にアレンジして、エクシア以外に見えなければ良しとしちゃいます。
ということで、当日展示の際には形状に関しての厳しいツッコミはカンベンしてくださいネ。
 
 
いつもありがとうございますヽ(゚ω゚*[Thank You!!]*゚ω゚)ノ
banner2.gif←ポチッとぷりーず!アナタの黄金の右指で!

別窓 | ガンダムエクシア胸像 製作記! | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
| S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 | NEXT
copyright © 2006 S.Rod Blog 「Are you having a good time?」 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。